「本物をつくり続ける」それが信念です。



本当に安心で安全なものを作りたい。

我が社は創業以来、土にこだわり、発酵にこだわり、保存料不使用にこだわってきました。
未来の子供たちのために、本当に安心安全で、いいものを作りたいから、健康を損なう恐れのある合成保存料・着色料・甘味料、香料、漂白剤等は一切使用していません。
私達が信念を持って取り組んできた本物をつくり続けること。
努力をしてきたという「自負」が「自信」につながっております。


宮崎県は「日本のひなた」。宮崎県の年間の平均気温は約17度(気象庁気象観測統計)で一年を通じて温暖な気候です。
また、平均気温3位、日照時間3位、快晴日数2位(いずれも1981年~2010年平年値)が全国トップクラスですが、降水量でも九州一を誇っています。
そんな宮崎県の南部にある都城市は、西に霧島連山、東を鰐塚山地に囲まれ、見渡す限り農園が広がる自然豊かな町です。
この山々に囲まれた都城盆地は火山噴火によるシラス台地で、水はけがよく有機物に富む黒土のため、植物の生長を促し緑豊かな自然を形成しています。
また明るく温暖な気候の反面、盆地特有の昼夜の寒暖差が大きいため作物にとっては好条件です。
らっきょうはユリ科の野菜ですが、寒暖差が大きく水はけのよい場所を好みます。
適した気候と、水持ち・水はけがよい肥沃な土壌から、古くかららっきょうの栽培が盛んです。
8月下旬から10月中旬までに植え付けされたらっきょうは、翌年6月までの約10ヶ月間という長い間、当社契約栽培生産者(サングリーンジャパン合同会社)によって大切に育てられます。